株入門

ニューヨークダウ 速報

NYダウ平均株価 自動更新

NYダウ

 「ニューヨークダウ」は「NYダウ工業株30種」や「NYダウ」とも呼ばれています。
 アメリカの経済ニュース通信社であるダウ・ジョーンズ社が発表する工業株30銘柄を対象とした平均株価指数で、アメリカを代表するニューヨーク株式市場の重要な指標として活用されています。
 1928年の発表当時は単純平均株価でしたが、現在では指数の連続性を維持するために修正平均株価になっています。

NYダウについて

 

NYダウは、ダウ・ジョーンズ社がアメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出して、平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数です。これらの銘柄は全てがニューヨーク証券取引所に上場しているわけではなく、インテルとマイクロソフトはNASDAQに上場しています。
DJIA: Dow Jones Industrial Average (ダウ平均株価)

ダウ平均株価には3種類あります。
・ 工業株30種平均株価
最も有名で、一般にダウ平均と呼ばれています。ただし、「工業株」と銘打ってありますが、現在では工業以外の業種に属する企業も「工業株30種平均株価」の構成銘柄に含まれています。
・輸送株20種   航空・鉄道など。
・公共株40種   電気・ガスなど。
また、ダウ平均株価以外の代表的な株価指数として、ナスダック総合指数やS&P 500などがあります。

銘柄入れ替え
「工業株30種平均株価」の構成銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われています。
算出が始まって以来、現在まで継続して構成銘柄に残っている会社はゼネラル・エレクトリック社のみです。

算出方法
原則的には各銘柄の株価を足して銘柄数で割った単純平均ですが、新株の発行などの理由により連続性が損なわれないように、除数は調整されます。

NYダウ「工業株30種平均」の株価の変遷

   1896年5月26日 41
   1906年1月12日 100
   1929年9月 3日 381
   1932年9月13日 42
   1956年3月12日 500
   1966年1月18日 1000
   1991年4月17日 3000
   1995年11月21日 5000
   1997年7月16日 8000
   1999年3月29日 10000

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場の取引時間は現地時間で9時半から16時までで、日本のように前場後場の区別はありません。
サマータイムの4月第一日曜日から10月の最終日曜日は時差が1時間前にずれます。
ニューヨーク市場には値幅制限がなく、ストップ高やストップ安もありません。

ページに記載した情報で、万一何らかの不利益をもたらす様なことがございましても、当サイトは一切責任を負いかねます。
また、最終的なご判断はご自身の相場観によって行われます様お願い申し上げます。
ymcAbout Us | ©2008 Yumeco.com