title

鉱石ラジオ

鉱石ラジオの作り方

鉱石ラジオの作り方

  ラジオ少年にもどってもう一度鉱石ラジオにチャレンジしてみませんか?
  いま、少年少女の皆さんも鉱石ラジオに挑戦してみませんか?
  鉱石ラジオはとてもシンプルで誰にでも作ることができます。
 

鉱石ラジオの回路

鉱石ラジオは次の部品の組み合わせで構成します。

1.アンテナとアース
2.同調回路
  コイルとバリコンで作ります。
3.検波回路
  まずはゲルマニュウムダイオードで作りましょう。
4.レシーバー 
 クリスタルいゃホーンを利用します。



回路

部品を集めよう

バリコンを使う場合
かまぼこは何に使うの?かまぼこの板を使います。
標準的な部品
1.バリコン(2連の場合は片側を使う)
2.コイルを巻くためのポビン(フイルムケースで可)
3.コイルにするエナメル線10mまずは10mを全部巻いて下さい。
4.クリスタルイヤホーン
5.端子(アンテナを接続したり検波器を取り替えたりするため)
6.板 かまぼこ(でなくても良い)
7.ゲルマニュームダイオード(後で鉱石にチェンジする)

buhin2  ポリバリコンを使う場合

 1.ポリバリコン
 2.以降は同じ







部品の配置を考える


かまぼこ板の上に部品を配置してみます。
カメラフイルムケースにコイルを巻きますが、バリコンの羽が当たらないように配置します。








コイルを巻く

コイルを巻きましょう。
カメラのフイルムのケースに巻いてみました。
0.6mmのエナメル線で巻きましたら幅が足りず二重巻きになってしまいました。
カメラのフイルムケースを利用する場合は0.4mmのエナメル線が良さそうです。
とにかく10mを全部巻いてしまって下さい。
調整はNHK第一(594kHz)を受信しパリコンの羽がほぼ入りきった所で受信出来るようにすれば良いのです。

6 コイルをハンダ付けしましょう
カメラフイルムケース利用の場合はふたを木ねじでかまぼこ板に止めておけば、コイルをハンダ付けした後でパッチンと止めることが出来ます。

  配線が済むと まずはゲルマニュウムラジオの完成です。
 アンテナとアースを繋いで聞いてみましょう。
 配線に間違いなければ必ず聞こえます。聞こえない場合は配線をチェックしましょう。
 繋がっているはずの所が繋がっていない場合がありますのでよ〜くチェックしてください。
 アンテナが良すぎますと飽和して2〜3局同時に聞こえてしまう事があります。
信号が強すぎて聞きにくい場合はアースをはずして1m程度のカウンターポイズにすると良く聞こえます。
鉱石ラジオにするには鉱石さぐり機構をつけます。
メニューの「鉱石さぐり機構」へ進みましょう。



fut
yumec About Us | ©2008 Yumeco.com