title

鉱石ラジオ

鉱石ラジオを楽しもう

鉱石ラジオを楽しもう

 昔々、まだICやトランジスターがなかった頃、ラジオ放送が始まりました。ラジオ放送を聴くためには真空管を使ったラジオがありましたが、とても高価でした。このラジオ放送を手軽に聞くために鉱石ラジオが使われました。
 この鉱石ラジオは電気や電池を使いません。完璧なエコラジオです。
ラジオ受信用のアンテナから拾った微弱な電波のエネルギーをそのまま利用してイヤホンを鳴らしてくれます。
 この鉱石ラジオの音は何とも言えない安らぎの音を出してくれます。
 今や時代遅れの鉱石ラジオですが、鉱石ラジオを作ったり、聞いたりして楽しみましょう 。

この鉱石ラジオのホームページでは、身近にある物を部品として利用して鉱石ラジオを作る楽しみを紹介します。
皆様からの投稿もお待ちしています。

日本のラジオ放送は1925年3月1日放送開始、「あーあー聞こえますか? 」日本放送史上初めて、肉声が電波にのった日です。 同7月12日より本放送を開始 

鉱石ラジオとは

鉱石ラジオは次の部品の組み合わせで構成します。

1.アンテナとアース
2.同調回路
3.検波回路
4.レシーバー 
この部品の検波回路に鉱石を用いたものが鉱石ラジオです。
ラジオ放送の電波を受信する場合、電波から音声信号を取り出す(検波という)には、電流を一方向だけ流す整流作用を持つ鉱石に電気信号を通します。
整流作用を持つ鉱石には、方鉛鉱、黄銅鉱、黄鉄鉱、紅亜鉛鉱、閃亜鉛鉱等があります。
これらの鉱石の結晶の表面の適切な位置に細い金属線(「猫のひげ」と呼ばれています)を接触させると、整流作用を持つ性質があります。
鉱石へ接触させる金属線の接触位置によって整流作用の状態が大きく変わるため、微妙な調整が必要で、この場所を探し当てるのも楽しみの一つです。

鉱石ラジオを上手に鳴らそう

鉱石ラジオはアンテナで捕らえられた微弱な電波を検波してレシーバーから音を鳴らします。

1.アンテナば10m以上のビニール線を用意しましょう。
2.アースを必ず付けましょう。
なるべく長いアンテナとアースを付けることにより鉱石ラジオをきれいに鳴らすことができます 。

ゲルマニュウムラジオとは

上記の鉱石の代わりに、ゲルマニウムダイオードを用いたラジオをゲルマラジオまたはゲルマニウムラジオと呼んでいます。
ゲルマニウムダイオードは鉱石よりも小さく、安定した性能を得ることができます。

ゲルマニュウムダイオードはここからお求め頂けるようです
ゲルマニウムダイオード10個組
ゲルマニュウムラジオキットもここからお求め頂けるようです。
GL-01 鉱石(ゲルマニウム)ラジオ

My Vintage 鉱石ラジオコレクション

私の鉱石ラジオのコレクションです。

鉱石ラジオ1 鉱石ラジオ3 鉱石ラジオ2

鉱石ラジオの参考となる書籍としてCrystal Clear Vol1 Vol2 がお勧めです。
Amazon から手配可能で、USAからの取り寄せで少し時間はかかりますが、送料もリーズナブルな料金で入手することができます。写真が豊富で、鉱石ラジオの写真を眺めるだけでも楽しめます。
CC


国内の 書籍としては小林健二さんの「ぼくらの鉱石ラジオ」がお勧めです。
本サイトに多数投稿して頂いているJR1MXXさんの記事がある「ゲルマラジオ制作徹底ガイド」もお勧めです。

fut
yumec About Us | ©2008 Yumeco.com